社会保険労務士の独学が成功するテキストと勉強法を教えます

社会保険労務士(以下社労士)のテキストがたくさん販売される中で「独学をするときに使える種類はどれなのか」それを知りたい人のため、ここでは独学をはじめ、自宅学習等に使えそうな社労士のテキスト、それから他の教材や勉強法を説明していこうと思います。


社労士を受ける人が増えていましたが、試験の合格率は依然として上がらず、むしろ(少しずつですが)厳しくなっている傾向もあります。

そんな風潮が続く中で社労士の独学を目指すのだったら、テキストの選び方は重要です。

独学のような、自宅(あるいは出先でのわずかな時間)を使うなどして、原則としてひとりで孤独な受験勉強をするのだったら、テキストのような勉強の中心となる教材の選択に慎重になるのは当然のことですね。

適当にテキストを選んで社労士の独学をしようとする人たちがなかなかいなくならないことに気がついたので、このサイトをオープンしようと思ったのですが、それだけではありません。

「いい噂があるテキストを選んだら? それだけで社労士の独学は成功する!」なんて単純な思い込みをしている人たちもいるようです。

しかしそれはあまりにもうかつな思い込みですね。

せっかくよくできたテキストを買っても、独学中の使い方が悪ければ社労士には合格できません。


それにもっと「ぶっちゃけた話」をさせてもらうなら、優秀なテキストや参考書籍だけで社労士の独学が成功すると思うのは危険です。

まして、多くの受験者は社労士のことを何も知らないのに合格を狙おうとするはずです。
しかしそれはかなり遠い道のりで、選択を誤ると何年も無駄にする危険もつきものです。

といって、救いのない話をしても意味はありませんね。
無知な受験者でも、1回きりの受験で社労士に合格したいのは、やまやまでしょう。


ここでは、「独学のような、自宅学習を続けて社労士に合格する勉強方法」「独学のような、自宅学習を続けて社労士に合格することをアシストしてくれるテキストや教材」を特別に教えようかと思います

フォーサイトへの資料請求はコチラから