ノートづくりの注意点

社会保険労務士の勉強を初めてする志望者の間から、ときどき出てくる疑問・質問に「ノートをつくる必要はあるのか? ないのか?」といったクエスチョンがあります。

ノートはつくってもよいでしょう。しかし、あまり手間暇をとられるべきではありません

最初に勉強の計画を立てるときに、残された時間をよく計算しながら決めるべきですが……ここでネックになりそうなのは「書いて覚えないとダメだというタイプ」ではないでしょうか。

社会保険労務士受験の際は法体系等が本当に難解ですし、自分なりに整理して、きれいにノートに書き込まないと理解できないというタイプもいるでしょう。しかしその場合であっても、そこまで手の込んだノートを作るべきではなさそうです。
社会保険労務士試験の場合は、テキストと問題集を交互にやり込むことと、テキストと問題集を試験日までに数周することで、けっこう法体系の骨組みから覚えられるようになるものです。勉強法に間違いがあってはいけませんが。

書いて覚えるという意味では、テキストの余白に何か気になったところや重要だと思ったことを多少書く程度でもじゅうぶんではないでしょうか。どうしても、個別のノートづくりをしたいなら、多少ならやってもよいでしょう。しかし、やりすぎはおすすめできません。あくまでも、社会保険労務士試験当日に持っていくちょっとした「自分なりのまとめ」程度におさえることが大事でしょう。

フォーサイトへの資料請求はコチラから