「うかるぞ社労士」シリーズ

社労士を独学で勉強するなら、テキストを買いに行かないといけませんね。
社労士の独学者によくおすすめされるテキストというと、実は最近は一部のシリーズに人気が集中しています。
そのテキストがどんなシリーズなのか、社労士の独学者になぜおすすめなのか軽く説明します。
ここでは「うかるぞ社労士」シリーズです。

<「うかるぞ社労士」は社労士独学者にどれくらいおすすめ?>

「うかるぞ社労士」シリーズは、無知な独学者でもついていけるテキストのわかりやすさがじわじわと世間に浸透して、現在のステイタスを確立することができたのではないでしょうか。
今では社労士の独学、または入門用や通学者の補充用のテキストとして筆頭にあげられるほどのネームバリューです。

実際に、ページ構成がはっきりしていて初めて勉強する独学者でもついていける難易度でテキストも問題集も設定されています(初心者が混乱しないでよいような、明瞭なレイアウトを思いついたことは本当に尊敬できる点です)。

ちなみに、年を追って少しずつ社労士試験も変化していますが、その点でこのシリーズはちょっと時代おくれのようになってきた一面もあるでしょうか。
もちろん毎年改訂されていますが「新しい問題の傾向をどれくらい掘り下げているか」、についてはちょっと他のテキストに一歩を譲るようになってきています。

<テキストについて>

「うかるぞ社労士 基本テキスト」を中心に独学者は使うことになるでしょう(以前はただ「うかるぞ社労士」として販売されていました)。約3500円程度です。

独学者はこの「うかるぞ社労士 基本テキスト」をいきなり買って読んでもいいですが、ひと足先に「うかるぞ社労士 入門編」(約2000円程度です)を読んでから手を出す人も多くなりました。
このほか、よく精読した人や試験日が近づいてきた時期の独学者向けに、理解の総まとめをするための参考書も何点か出されています。

<問題集について>

「うかるぞ社労士 5年間過去問[項目別]」(約3000円程度です)と、「うかるぞ社労士 予想問題集[択一式&選択式]」(約2500~3000円程度です)を、独学者はおそらくセットで買って使うほうがうまくいくでしょう。
もちろん全部を徹底してやりつくしたと思ったら、次に買える問題集も何点か用意されています。

<発行・制作・著作について>

週刊住宅新聞社出版、株式会社労務管理ゼミナール/秋保雅男著述・監修

フォーサイトへの資料請求はコチラから