「出る順社労士」シリーズ

社労士を独学で勉強するなら、テキストを買いに行かないといけませんね。
社労士の独学者によくおすすめされるテキストというと、実は最近は一部のシリーズに人気が集中しています。
そのテキストがどんなシリーズなのか、社労士の独学者になぜおすすめなのか軽く説明します。
ここでは「出る順社労士」シリーズです。

<「出る順社労士」は社労士独学者にどれくらいおすすめ?>

独学時のテキストに、「出る順社労士」シリーズをおすすめする人はとても多いですね。

特に、「出る順社労士 必修基本書」が独学者におすすめできるテキストだという声が絶えませんが、その理由は、「基本書」と銘打つだけのことはあって試験に出る範囲の知識をほとんどくまなくカバーしているからでしょう。

その分、法律からみっちり説明をする印象があるため難しい法令の条文にアレルギーを感じてしまう人には少し向いていないかもしれません。
現在は「必修基本書」と「ウォーク問」くらいしか目立った刊行点数もないため、その点は少し覚悟を決めてこれらのテキスト類を購入することが、今後の社労士独学者におすすめの態度といえるでしょう。

ウォーク問はもちろん必修基本書とリンクするものですが、これだけ買って使う人も多いですね。
持ち運びやすいサイズですから出先で勉強するのには向いています。
ただし、その分解説が必修基本書ほど充実しているとはいいがたいでしょうか。

<テキストについて>

「出る順社労士 必修基本書」を中心に使うことになります。約3500円程度です。

<問題集について>

「出る順社労士ウォーク問」シリーズが有名です(「ウォーク問」だけでも通用するほどです)。
「出る順社労士ウォーク問 過去問題集」が約2500~3000円程度で売られていますが「出る順社労士 必修基本書」を買った場合はこの問題集も買ったほうがいいでしょう(もっとも、ウォーク問だけで買う人もかなり多いですね。他の勉強法をとりながらこのウォーク問だけ使うことも悪くはありません)

それから、「出る順社労士ウォーク問 選択式マスター」(約2500~3000円程度)もよく買われています。

<発行・制作・著作について>

東京リーガルマインド(LEC)

フォーサイトへの資料請求はコチラから