独学で受けようと決める前に

社労士の独学は、人気のテキストを買ってまじめに取り組んだとしても成功するとは限りません。むしろ難易度を考えるとかなり困難ですから、社労士の独学を本腰入れてはじめる前に確認したほうがいいことがあるはずです。

社労士の完全な独学に成功したという噂はときどき、オンラインで流れることがあるようです。
それも、1回きりの受験で、それほどの苦労もせずに成功したという体験談が載ることがあって、それを読んで、「自分にもまねできるかもしれない」と安直に感じて、そこに書いてあったテキストを適当に買ってきて社労士の独学をはじめてしまう人たちがいます。

しかしこれはかなり無謀なギャンブルのようなものですね。
完全な独学をなかなかあきらめ切れない場合は、いったんそれを試してもいいかとは思います。
ただし、これは試験まで最低でも半年以上、できれば7~8ヶ月以上ある場合に限ります(半年以下の場合は、もう独学を試しているような余裕は正直言ってありません。素直に通信講座等でも使ったほうが後悔しないでしょう)。

社労士のテキストをとにかく用意してみて、1~2週間くらいの予定を立てて、独学ができそうかチャレンジしてみてください。
ただし、いわゆる「入門編」であったり、「マンガ」であったりと、ひたすら簡単に読めるようにつくられているものだけで試すのは避けましょう。
できれば全範囲をひと通り網羅しているようなものが適当ですね。

それから問題集もまずひとつ用意しましょう。
問題集を解いてみても、いきなりでは解けるはずもありませんが、わからなくなってきたら教科書のどこに書いてあるのかを探して読んでいきます。
これは、独学の場合もそうではない場合も共通する勉強法ですが、どこまで理解できるか、自分を試してください。

当然のことですが、教科書を読んでもうまく理解できない部分が出てくるはずです。
そうなったとき、独学を試している期間中なのですから自分ひとりで調べ出せるか試してください。

実は、わからないことがあったとき、通学や通信講座利用中の場合はすぐに確かめられます
通信講座も今は質問制度があるのが常識ですし、そもそも講師のほうで、受講者がわからなくなることがないように、意識しながら講義をしてくれます。

独学の場合、わからないことを調べることになって、ものすごく遠まわりをすることが必ず頻繁に発生しますが、通学や通信講座ではそれを防げます。
独学では見逃しやすいことを一瞬で指摘されるのは非常に大きいです。

さて、わからないことがあって立ち往生してしまう場面が少しでもあったときは、社労士の独学は自分には向いていないと解釈したほうが安全です。
時間は限られています。全部を自力で解決できる自信がないなら、独学は回避すべきでしょう。

フォーサイトへの資料請求はコチラから