“やみくも学習”はもうおしまい!過去問集中が断然イイ

社労士は過去問攻略がカギ 法律初学者から社会保険労務士試験対策を開始してはや2ヵ月。過去問集に基本テキストと、必要な学習ツールをあれこれ駆使しながら勉強していく中で、私はようやくひとつの結論に辿り着くに至りました。 それ …

社会保険労務士初心者は、勉強時間計画時に注意

合格までの勉強スケジュールは? 社会保険労務士の勉強時間は、正直なところ「誰でもこれだけの勉強時間をかけたらOK」といった目安はありません。ただし、最初に勉強時間のことを何も考えずにやりはじめても破綻する恐れがあることは …

社会保険労務士の合格を、どうしても急ぎたい場合は?

社会保険労務士は難易度が高くても志望する価値がある資格 社会保険労務士の難易度はとにかく高いです。 何年受けても落ちている人が、日本中にごろごろといるような試験です。 4~5年受けてやっと合格をする人だって珍しくないのが …

ノートづくりの注意点

ノートづくりに時間をかけすぎないこと 社会保険労務士の勉強を初めてする志望者の間から、ときどき出てくる疑問・質問に「ノートをつくる必要はあるのか? ないのか?」といったクエスチョンがあります。 ノートはつくってもよいでし …

テキストが読めなくて困ったら

全くわからなくても、まずは過去問にトライ 社労士のテキストが難解すぎるために、脱落してしまう受験者はあとを断ちません。 最近は、質のよいテキストが発行されているのですが、いかにわかりやすく書いてあっても、劇的に難易度を下 …

テキストと過去問を交互に!

まずは問題への耐性をつける 社労士のテキストと過去問は、何度も往復することが大事です。 社労士のテキストと過去問は、セットで買うと(親切な発行元ならば、の話ですが)「……ここは、テキストの××ページに……」といった具合に …

勉強場所になるところとは

場所選びは意外と重要です 社会保険労務士を独学で勉強する場合、試験勉強をする場所はけっこうポイントになります(地味な話題のため、あまり持ち出されることはありませんが)。 独学の場合は、通学者と違って専用の教室等を使う機会 …

横断学習の有益ぶり

科目ごとの結びつきに着目する 社会保険労務士は独学で受ける場合、勉強中にどうしてもむらができてしまうといわれています。自力ですべてを間に合わせる以上、それは避けられない宿命のようなものですね。 家や好きな場所で好きな時間 …

独学の弱点を補える方法とは

独学で困るところは? 社労士の独学は、挫折しやすい傾向があることは否定できません、しかし勉強法にちょっとアクセントをつけるだけでも状況はだいぶ様変わりして挫折の危険も減らせます。 それも、独学という社労士勉強法の、「家で …

独学で受かりやすい人たち

独学に向いている人たちのステータス 社労士の独学を決める前に、自分自身がそれで合格できるかどうかを、客観的な立場から検討しないと、大損をする恐れがあります。難しい試験に挑むのですから、合格できるかできないかを深く検討する …