社労士資格は働く女性にぴったり?

ライフワークバランス

仕事で活躍している女性でも私生活を犠牲にしていると何だかなあと思ってしまいます。
これからの女性は家事だけじゃなくて外で仕事をしなければならないのはわかっていますが、やっぱり両立したいです。」

同じ仕事を長くやっていれば安泰という時代は過去のものですし、定年になってやることがなくなってしまうのもその後の人生を考えれば大きなマイナスに繋がります。
仕事と生活のバランスを保ちながら周りを幸せにしていくという考えは重要なのではないでしょうか。

社労士の将来性

「ストレスチェックというのが義務付けられるようになります。
メンタルに支障があるからといって療養に専念することが出来る人は多くありませんし、仕事と主婦業を両立できるようなシステムにならないと困りますよね。」

過労死をはじめとした長時間労働問題は労働人口の減少によってさらに深刻化すると考えられます。

女性の労働時間が長くなれば家事の時間が短縮されるだけになることが多いのですが、家事の時間が短縮できなくなれば睡眠時間を削ることになり、心身に不調を来たす人が増加することになります。

仕事と主婦業を両立できるようにサポートできるような仕事が出来ればと思っています。
主婦業って人によって色々と違うし、プライベートなことばかりなので、男性にはしゃべり難いことも多いんです。

社労士は女性の割合が多い資格ですが、需要は増えると思うし、もっと多くの女性に目指して欲しいですね。」

日本では長い間企業が社員の生活を保障するというシステムでした。

御恩と奉公の関係にも似たこのシステムを維持していくのは無理でも、セーフティネットを基準にした人生設計に変えるのは自助努力を打ち出す日本にとってかなり難しいと思われます。

一人一人が自立し、社労士のサポートを受けながら人生設計をしていく方が日本向きと言えるでしょう。
社労士の資格を持っていれば自分で自分をサポートできるので、今後働く女性に必須の資格になると言えるかもしれません。

フォーサイトへの資料請求はコチラから